ボルサリーノの合わせ方(メンズ編)

ボルサリーノの帽子|パナマハット・フェルトハットの魅力

MENU

周りとは一味違う「男」になる!できる男とボルサリーノ

パナマハットはスタイルを選ばない万能アイテム

夏という開放的な季節限定で楽しむことのできるパナマハット。パナマハットの優秀なところは、スタイルを選ばないところです。
Tシャツ、ワイシャツ、ポロシャツ、ノースリーブ…トップスは、選ばずなんにでも合わせることができます。

 

ラフなスタイルにも合うパナマハットの例1
参照元:houyhnhnm.jp

 

また、それだけトップスを自由に選べるのはボトムスも同じ。ひざ丈のハーフパンツもよし、チノパンできちんと感を表現するのもよし、無難なデニムに合わせるのもいいですね。

 

ラフなスタイルにも合うパナマハットの例2
参照元:people.zozo.jp

 

いつものファッションにパナマハットを合わせるだけでいい、というくらい気軽に被ることができるところにパナマハットのメリットがあります。それだけ気軽に選ぶことのできるパナマハットは、男性にとってのマストアイテムといっても過言ではないでしょう。

 

フェルトハットは程よくシャープに

スーツにも合わせやすいフェルトハットにおすすめのトップスは、なんといっても襟付きのシャツやジャケット。

 

ジャケットスタイルに合うフェルトハットの例
参照元:i miei favoriti

 

秋・冬はジャケットなど襟付きのアウターに合わせると、大人の色気が漂うコーディネートになりますね。

 

また、カジュアルなシャツと合わせると程よくシャープな印象を与えることができます。

 

カジュアルなシャツにも合うフェルトハットの例
参照元:i miei favoriti

 

「だぼっ」としたようなラフなスタイルが過ぎてしまうと、フェルトハットのシャープさと不釣り合いになってしまう可能性もあるので、ここは少々かっちりしたファッションの方が、線も細く、おしゃれで清潔感もあるスタイルにまとめることができます。

 

そのかわり、ハットバンドを少し変わったデザインやカラーなどにすると、遊び心があって楽しいかもしれませんね。

 

ハンチングのデザインや柄を楽しんで

「ハンチング」とひとことで言っても、そのデザインやカラーは非常に多くあります。
だからこそ、ハンチングはファッションのセンスの高さを表現する最も適したファッションアイテム。
スーツにも、デニムスタイルにも、ラフなスタイルにも合わせることができます。

 

カジュアルスタイルにもあるハンチングの例
参照元:aigle SHOP BLOG

 

スーツスタイルにも合うハンチングの例

 

カジュアルにもフォーマルにも、どんなスタイルにもマッチしてしまうハンチングの汎用性の高さは凄いの一言ですね。

 

無地、柄物、大小いろいろ持っていて損はしないファッションアイテム。
大きなタイプはゆったりとした落ち着きのあるスタイル、小さなタイプは知的に見せることができます。

 

←ボルサリーノTOPに戻る